Statement by Maurucio de Vengoechea, IAPC President, on the Seamless Transition of Power with Inauguration of President Joe Biden

20 January 2021

ここで会議の写真を表示します

2019年11月8日から12日までパッサウからウィーンへのドナウ川クルーズで開催された第52回IAPC世界会議に、26か国から約120人の参加者が感銘を受けました。会議の一般的な質問:「圧力下の民主主義?」約50人の講演者がプレゼンテーションを行い、政治運動の最新の傾向を明らかにすることに加えて、民主主義の世界的な発展について議論しました。

Max Zirngastの素晴らしいスタート

会議は、2018年にテロ組織のメンバーとしてトルコで起訴され、2019年9月に無罪となる前に高セキュリティの刑務所で3か月以上過ごしたオーストリアのジャーナリストMaxZirngastから始まりました。彼はトルコの動向について概説しただけでなく、しかし、世界中の民主主義の状態についての正当な懸念を確認するグローバルなレビューも提示しました。リードインは、前IAPCのVolker Riegger会長が発表した。さらに、「Democracy in Danger」セッションでは、民主主義の質が損なわれている世界中の国々からの多数の例も取り上げられました。これに関して、ラテンアメリカ、ロシア、スカンジナビアの状況についての議論は、フェイ・ダイアモンド/米国が主催し、マウリシオ・デ・ヴェンゴチェア/コロンビア、エカテリーナ・エゴロワ/ロシア、そしてトルビョルン・ショストロム/スウェーデンが取り上げられました。

女性の台頭と私たちが直面する課題

第52回世界会議の最初の朝は、社会における女性の役割と課題についての刺激的な円卓会議で終わりました。ディスカッションでは、ミナジョルデビー(スウェーデン)が主催し、レギュラビュールマン(スイス)、オンディーネフォーチュン(アメリカ)、ミリカカティック(セルビア)、ジャスティンガスパー(マルタ)を取り上げました。

マウトハウゼン記念館への訪問

会議初日の午後は、第二次世界大戦の恐怖を記念したものでした。リンツ近くの旧マウトハウゼン強制収容所を巡るガイド付きツアー、特にフェイ・ダイアモンドとマルセル・ヴィーダーによる朗読を伴うロールコールグラウンドでの1分間の黙祷の観察は、多くの参加者にとって非常に冷静な体験でした。このイベントは、オーストリアの元大統領であるハインツフィッシャー博士による「圧力下の民主主義-過去から学ぶ」についてのプレゼンテーションで締めくくられました。フィッシャー博士は彼の演説で、この歴史の背景に詳細な光を当て、そこから学ぶべき教訓を指摘しました。

2日目のリードインとしてのヨーロッパ

会議の2日目は、ヨーロッパとEUに関するセッションで始まりました。このセッションでは、スロベニアの前首相と長年のMEP Alojz Peterle、およびオーストリア放送協会ORFの外交政策編集部長であるAndreasPfeiferとドナウ大学クレムスのGerdaFüricht-Fieglは、さまざまな問題を調査し、方法と解決策の概要を説明しました。セッションはスザンヌ・ハーティンガー/オーストリアが主催しました。

政治コミュニケーションの新しいトレンド

テーマ別の焦点は、世界中の最新トレンドに関するプレゼンテーションでした。参加者は非常に興味深くプレゼンテーションに続きました。プログラムチェアのメリッサ・クレシー/アメリカが主催し、オーストラリアのフェイ・アキンドエニ、アメリカのアダム・ハイランド、オーブリー・モンゴメリー、ジョシュ・ナンバーグ、ブレント・ブキャナンが、さまざまなキャンペーン分野からの刺激的なニュースを発表しました。

ドナウ大学でのオーストリアセッション

午後にドナウ大学で議論された重要な問題の1つは、オーストリアの政治状況でした。 Christoph Hofingerが主催するこのセグメントでは、Katrin Praprotnik、Tamara Ehs、JudithKohlenbergerによる寄稿が取り上げられました。世界最古のワイナリーであるニコライホフでの感動的なワインの試飲と、クレムスのアートギャラリーへの夜間の特別な訪問は、会議クルーザーがウィーンに向けて出発する前の1日のスケジュールを完了しました。

世界中の米国の政治と選挙

会議の3日目は、ヨーロッパ安全保障協力機構(OSCE)のアメリカ大使であるジムギルモアによるゲストプレゼンテーションで始まりました。彼は自分のテーマに専念する前に、組織の世界に対する重要性を強調しました:「トランプ大統領は民主主義を変えましたか?」セッションはトム・エドモンズ/米国によって主催されました。これに続いて、2020年の米国大統領選挙に関する評価は、ケビンデバミグベタン/ナイジェリア、マリルブレイジャー/アルゼンチン、マルセルウィダー/カナダ、ネカティの前に、デイブカタニーズがホストするセグメントで米国民主党のDoc Sweitzerと米国共和党のMatt Klinkによって概説されましたÖzkan/トルコとJan Juul Christensen /デンマークは、Crystal Martin / USAが議長を務めるセッションで、世界中の選挙キャンペーンを発表しました。

グランドフィナーレとしてIAPC民主主義メダルを受賞

第52回世界会議の公式部分は、イスタンブールの新市長であるエクレム・イマモグルにIAPC民主主義メダルを授与することで締めくくられました。この賞は、イスタンブール選挙キャンペーンのプロジェクトコーディネーターであるEmrah Sahanに代わって、特に侵略のない選挙キャンペーンを実施し、イスタンブールでの最初の選挙が無効になった後の和平工作者としての彼の努力に対して授与されました。

UNO-CityViennaへの訪問

付随するプログラムのもう1つのハイライトは、UNOシティウィーンのガイド付きツアーと、UNISウィーンディレクターのマーティンネシルキーによるプレゼンテーションでした。

生涯功労賞はSepp Hartingerに贈られました

船上での最後のガラディナー中に、1982年からIAPCのメンバーであり、1999年から2001年までその社長であるオーストリアのSepp Hartingerは、彼が提供したサービスに対して「Joe Napolitan&Michel Bongrand Founder Award forLifetimeAchievement」を受賞しました。協会。 Bo Krogvig /スウェーデンとJonGaul /オーストラリアに続いて、彼はこの栄誉を受けるIAPCの3番目のメンバーです。

新しい取締役会

さらに、メフメットウラル大統領が準備した包括的な構造改革がIAPC総会で採択されました。これにより、取締役会メンバーの数が大幅に削減され、個々の取締役会メンバーの責任が固定的に割り当てられます。新しい13名の理事会は年次総会で選出され、2020年1月1日にその任務を開始するものとします。

  • 大統領:Mauricio De Vengoechea、コロンビア

  • 会計:Melissa Cressey、米国

  • 事務局長:マット・クリンク、米国

  • メンバーシップ担当副社長:Marilu Brajer、アルゼンチン

  • カンファレンスおよびイベント担当副社長:Crystal Martin、米国

  • 資金調達担当副社長:米国ウェイン・ジョンソン

  • コミュニケーション担当副社長:トルコ、ネカティオズカン

  • 副社長、賞:ミナジョルデビー、スウェーデン

  • 理事会メンバー、メンバーシップ:Marcel Wieder、カナダ

  • 理事会メンバー、会議およびイベント:Justino Pereira、ブラジル

  • 理事会メンバー、募金活動:米国、サルルッソ

  • 取締役、コミュニケーション:ナイジェリア、Kurtis Adigba

  • 理事会メンバー、賞:Feyi Akindoyeni、オーストラリア

忘れられない印象

全体として、リバークルーザーで初めて開催された第52回世界会議は、講演者と付随するプログラムの両方に関して、独特の印象を与えました。ドナウ川沿いのこのような壮大な風景の発見は、第52回世界会議に出席したすべての人が長く思い出すのにも役立ちます。この時点で、すべての参加者とスピーカー、特にプログラムチェアとしてのMelissa Cressey、カンファレンスチェアとしてのSepp Hartinger、およびすべてのスポンサーとHartinger Consultingのチーム全体に、実装とこのイベントの組織。

Statement by Maurucio de Vengoechea, IAPC President, on Today's Events at the U.S. Capitol 

06 January 2021

MIAMI, FLA. (January 6, 2021) – Mauricio de Vengoechea, president of the International Association of Political Consultants (IAPC), issued the following statement:

“Today is a dark day for democracy, the democratic process and the peaceful transition of power. On the day when the United States Congress undertakes its solemn and constitutionally mandated responsibility to officially count Electoral College votes, supporters of Donald Trump’s fraudulent election claims marched on the Capitol and rioted. These despicable acts resulted in at least one death, desecrated the U.S. Capitol and represent images often seen on television in other countries around the world.

 

“Since November 3, vast segments of the American public have been bombarded with Donald Trump’s claims that the election was stolen and results were fraudulent. None of these spurious claims have been proven. In fact, they have all been disproven in court.

 

“Today’s violence and disorder highlights that democracy is fragile. But hope springs eternal for a brighter day. America’s leaders must do better – if not immediately then on January 20 and thereafter. American voters and democracy deserve better.

 

“With more than 50 years as a global champion of democracy, the IAPC believes these events underscore the importance of ethical leadership, election transparency, respect for the facts and understanding and respect of due process in constitutional democracies.

 

About the IAPC:

Since 1968, the International Association of Political Consultants, an organization of political consultants worldwide, has committed itself to fostering democracy and the democratic process throughout the world. Learn more at www.iapc.org.

52nd IAPC World Conference on the Danube delighted the participants

19 December 2019

View conference photos here.

Some 120 participants from 26 nations appeared deeply impressed by the 52nd IAPC World Conference, which took place on a Danube river cruise from Passau to Vienna from 8 to 12 November 2019. Under the general question of the conference: “Democracy under pressure?”, around fifty speakers gave presentations and discussed the worldwide development of democracy in addition to revealing the latest trends in political campaigning.

An outstanding start with Max Zirngast

The conference began with the Austrian journalist Max Zirngast, who had been indicted in Turkey in 2018 for membership of a terrorist organization and spent over three months in a high-security prison before being acquitted in September 2019. He not only outlined developments in Turkey, but also presented a global review that confirms legitimate concerns about the state of democracy around the world. The lead-in was presented by former IAPC President Volker Riegger. Furthermore, the “Democracy in Danger” session also featured numerous examples from countries around the world where the quality of democracy has been compromised. In this regard, a discussion on the situation in Latin America, Russia and Scandinavia was hosted by Faye Diamond / USA and featured Mauricio De Vengoechea / Colombia, Ekaterina Egorova / Russia as well as Torbjörn Sjöström / Sweden.

The Rise of Women and the Challenge We Face

The first morning of the 52nd World Conference ended with a stimulating round table discussion on the role and challenges of women in society. Hosted by Mina Jordeby / Sweden, the discussion featured Regula Bühlmann / Switzerland, Ondine Fortune / USA, Milica Katic / Serbia and Justine Gaspar / Malta.

Visit to the Mauthausen Memorial

The afternoon of the first day of the conference was marked by a commemoration of the horrors of the Second World War. The guided tour through the former Mauthausen concentration camp near Linz and, in particular, the observation of a minute’s silence at the roll call ground with readings by Faye Diamond and Marcel Wieder was an extremely sobering experience for many of the participants. The event concluded with a presentation by former Austrian President Dr Heinz Fischer on “Democracy under pressure – learning from the past”, who was introduced by Sepp Hartinger / Austria. In his address, Dr Fischer shed detailed light on the background to this history and pointed to the lessons to be learned from it.

Europe as the lead-in to the second day

The second day of the conference began with a session on Europe and the EU in which the former Prime Minister of Slovenia and long-time MEP Alojz Peterle as well as Andreas Pfeifer, head of the foreign policy editorial department of the Austrian Broadcasting Corporation ORF and Gerda Füricht-Fiegl from Danube University Krems examined various problems and outlined ways and solutions. The session was hosted by Susanne Hartinger / Austria.

New trends in political communication

A further thematic focus consisted of presentations on the latest trends from all over the world. Participants followed the presentations with great interest. Hosted by Program Chair Melissa Cressey / USA, exciting news from a wide variety of campaigning disciplines was presented by Feyi Akindoyeni from Australia as well as Adam Hyland, Aubrey Montgomery, Josh Nanberg and Brent Buchanan from the USA.

Austria session at Danube University

One of the key issues discussed at Danube University in the afternoon was the state of Austrian politics. Hosted by Christoph Hofinger, this segment featured contributions by Katrin Praprotnik, Tamara Ehs and Judith Kohlenberger. An inspiring wine tasting at Nikolaihof, the world’s oldest winery, and an exclusive nighttime visit to the Krems art gallery completed the day’s schedule before the conference cruiser set off for Vienna.

US politics and elections around the world

The third day of the conference began with a guest presentation by Jim Gilmore, the American Ambassador to the Organization for Security and Cooperation in Europe (OSCE). He emphasized the organization's importance to the world before dedicating himself to his theme: “Has President Trump changed democracy?” The session was hosted by Tom Edmonds / USA. Following this, assessments regarding the 2020 US presidential election were outlined by Doc Sweitzer for the US Democrats and Matt Klink for the US Republicans in a segment hosted by Dave Catanese before Kehinde Bamigbetan / Nigeria, Marilu Brajer / Argentina, Marcel Wieder / Canada, Necati Özkan / Turkey and Jan Juul Christensen / Denmark presented election campaigns from across the world in a session chaired by Crystal Martin / USA.

Award of the IAPC Democracy Medal as a grand finale

The official part of the 52nd World Conference concluded with the award of the IAPC Democracy Medal to Ekrem Imamoglu, the new mayor of Istanbul. The award was received on his behalf by Emrah Sahan, project coordinator of the Istanbul election campaign, in particular for conducting an election campaign without aggression and for his efforts as a peacemaker after the first elections had been annulled in Istanbul.

Visit to UNO-City Vienna

Another highlight of the accompanying program was a guided tour of UNO-City Vienna and a presentation given by Martin Nesirky, Director of UNIS Vienna.

The lifetime achievement award went to Sepp Hartinger

During the final gala dinner on board, Sepp Hartinger, Austria, a member of the IAPC since 1982 and its President from 1999-2001, was awarded the “Joe Napolitan & Michel Bongrand Founder Award for Lifetime Achievement” for the services he has rendered to the Association. Following on from Bo Krogvig / Sweden and Jon Gaul / Australia, he is the third member of the IAPC to receive this honor.

New Board of Directors

In addition, a comprehensive structural reform, prepared by President Mehmet Ural, was adopted at the IAPC General Assembly. This provides for a drastic reduction in the number of board members and a fixed allocation of responsibilities for each individual board member. The new 13-member Board of Directors was elected at the Annual General Meeting and shall commence its duties on 1 January 2020. It is composed as follows:

  • President: Mauricio De Vengoechea, Colombia

  • Treasurer: Melissa Cressey, USA

  • Secretary General: Matt Klink, USA

  • Vice President, Membership: Marilu Brajer, Argentina

  • Vice President, Conferences & Events: Crystal Martin, USA

  • Vice President, Fundraising: Wayne Johnson, USA

  • Vice President, Communications: Necati Özkan, Turkey

  • Vice President, Awards: Mina Jordeby, Sweden

  • Board Member, Membership: Marcel Wieder, Canada

  • Board Member, Conference & Events: Justino Pereira, Brazil

  • Board Member, Fundraising: Sal Russo, USA

  • Board Member, Communication: Kurtis Adigba, Nigeria

  • Board Member, Awards: Feyi Akindoyeni, Australia

 

Unforgettable impressions

All in all, the 52nd World Conference, which was staged for the first time on a river cruiser, offered unique impressions, both in regard to the speakers and the accompanying program. The discovery of such magnificent landscapes along the Danube shall also help the 52nd World Conference to long be remembered by all those who attended it. At this point we wish to express our special gratitude to all the participants and speakers, and in particular to Melissa Cressey as Program Chair, Sepp Hartinger as Conference Chair as well as to all our sponsors and the entire team of Hartinger Consulting for the implementation and organization of this event.

国際政治コンサルタント協会(IAPC)が、世界で最も長い歴史を持つ国際民主主義賞である2018民主主義メダルを、香港の3人の著名な民主主義活動家である黄之鋒、羅冠聡、周永康に授与したとき。傘運動の若い学生リーダー-私たちは彼らの闘争が重要であることを知っていました。

今日、香港では何百万人もの人々が民主的権利を保護することに抗議しています。悲しいことに、ジョシュア・ウォン氏は、保留中の引渡し法、警察の残虐行為、香港での自由で公正な選挙のための普遍的な選挙権の欠如に抗議して、900人以上の香港市民とともに香港警察によって逮捕されました。

IAPCは、最強の言葉で、法の支配、人権、言論の自由を擁護するこの政治的取り締まりを非難している。 IAPCは、香港に向けて発言するよう世界に呼びかけています。

世界的な注目と抗議は、そのような勇敢な香港の人々が持っている唯一の保護かもしれません。

クリックして、IAPCのメフメット・ウラル大統領からキャリー・ラムへ手紙(香港特別行政区行政区長官)とIAPCのプレスリリースをダウンロードしてください。

HONG KONG PROTESTS A TIMELY REMINDER THAT DEMOCRACY MATTERS

国際政治コンサルタント協会(IAPC)が、香港の3人の著名な民主主義活動家である黄之鋒、羅冠聡、傘運動の学生指導者である周永康に2018年民主主義メダルを授与したとき、彼らの闘争が重要であることがわかりました。

今日、香港の他の人々に人権のために戦うように鼓舞する手助けをしている同じ勇敢な若者が、昨年オーストラリアのシドニーで開催されたIAPCの第51回世界会議で認められました。

「今日、香港の何百万人もの人々が民主的権利を保護することに抗議しており、人々の力の信じられないほどの表示で勝利しています。」 IAPC会長のメフメットウラル氏は、次のように述べています。そのような勇敢な人々が持っている唯一の保護は、認識と世界的な注目であるかもしれません。」

2018年、IAPCの国際会員は、香港の市民的反抗の傘運動、オキュパイセントラルとも呼ばれる若い学生の指導者であるジョシュアウォン、ネイサンロウ、アレックスチョウに、世界で最も長年の国際民主主義賞を授与する投票を行いました。

「2018 IAPC民主主義勲章賞は、親北京当局による政治的支配の高まりに直面して、香港の自治と民主的自由を促進および維持するこれらの学生リーダーの勇気と粘り強さを認めました。

「民主主義の世界的な拡大は最近、ポピュリストや権威主義の傾向に逆らって落ち込んでいるので、彼らの民主主義の使命は、世界中の若い市民がエミュレートするための輝かしい例を提供します」とウラル氏は言いました。

ジョシュアウォンと彼の同僚は、2014年9月から香港で79日間の座り込み抗議行動を開始しました。これは、天安門広場以来中国で最大の政治デモです。

2017年8月、黄之鋒(当時21歳)、羅冠聡(24歳)、周永康(27歳)は、2014年の抗議行動の初期段階での役割を理由に有罪判決を受け、6〜8か月間投獄され、政治家に立候補することを禁じられました。五年間。

しかし、3人の若い民主主義指導者の見事な勝利で、2018年2月の香港の最高裁判所は、トリオの懲役刑を覆しました。 2017年11月に保釈されたとき、彼らはすでに2か月の刑を宣告していた。

刑務所の条件、政治的圧力、肉体的暴力にもかかわらず、ジョシュアウォンと彼の同僚は依然として反抗的であり、中英共同宣言において香港が保証する自治と自由を保護するための学生指導者の平和的努力を続けています。

この宣言は、「一国二制度」の原則の下で英国の植民地として150年後、1997年に香港を中国の支配に戻し、前の植民地が言論の自由、報道の自由、自由の権利を備えた独自の政治経済システムを維持できるようにしました。議会は2047年まで保証された。しかし、批評家は、北京とその市政への忍び寄る干渉の非難を非難している。

さらに詳しい情報:
ジョンゴール| +61 414 603 133

ミャンマーのネピドー:今日、ミャンマーのアウンサンスーチーは、1995年に国際政治コンサルタント協会(IAPC)民主主義賞を受賞し、彼女の証明書と銅メダルを受け取りました。

スーチー博士は1995年に民主主義メダルを授与されましたが、その間に自宅軟禁されたため、組織は彼女にそれを提示することができませんでした。本日、ミャンマーの首都で行われた式典で、リック・リダー前大統領とIAPCメンバーのジョアニー・ブレーデンがスーチー博士に賞状と銅メダルを授与しました。

プレゼンテーションの際、リダー氏は以下を読みました。

毎年、国際政治コンサルタント協会は、その年次会議で、その民主主義メダルを、そのメンバーシップの判断において、世界中のどこでも民主的なプロセスを促進、促進、維持するために勇気を持って取り組んできた個人または組織に授与します。

アクロポリスの磨かれたレンダリングは、大きな銅メダルの表面に浮き彫りでエッチングされています。裏面には、受信者の名前と年が刻印されています。適切には、メダルに付随する証明書には、この広く認められている民主主義の定義が含まれています。

1995年に、IAPCのメンバーによってアウンソンスーチーに民主主義メダルが授与されました。しかし、当時の状況では、メダルの授与を妨げていました。今日、IAPCのメンバー、スウェーデンの元大統領ボー・クロッグヴィグ、および現在の米国のナンシー・トッド大統領に代わって、IAPCの民主主義勲章を22年後のミャンマーのアウン・ソン・スー・チーに贈呈できることを嬉しく思います。

IAPCのメンバーに感謝するスーチー博士は、民主主義と自由で公正な選挙を促進するという彼女のコミットメントを繰り返した。 「長い道のりです」と彼女は説明した。

  • Facebook
  • Twitter

©2021 International Association of Political Consultants | Privacy Policy